製造業(工場)が抱えている労災を解決 アシストスーツ「楽衛門」を使用したら 腰の負担が軽減する理由

製造業(工場)で働く人にとって大きな悩みとなるのが「腰痛」。
腰痛が原因で仕事を辞めることになった人も多く、また過去には労災が認められ、会社が保険料の一部を負担することになった事例もあります。

公式HP:https://rakuemon.jp/

楽衛門Story:https://rakuemon-story.jp/

楽衛門チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC7lm1HrlSk8MBCQCXnAx1Rw

製造業(工場)に寄り添った設計
4回のヘルニア手術をした本人が、「現場で使えるアシストスーツ」を開発。
アシストスーツとは、腰の負担を軽減する補助スーツのことですが、従来のアシストスーツの「高価、重い、複雑」というネガティブなイメージをくつがえし、「安価、軽量、簡単」を実現したのが、アシストスーツ「楽衛門」です。
安価なため社内導入へのハードルを下げ、個人での購入も可能。
装着に誰かの補助が必要だったりすると、その不便さから使用する方がいなくなるだろうと考えたため、その場で10秒で装着できる設計にしました。
生地には「抗菌・防臭」の加工をし、衛生面と機能性をプラス。
汚れやすい製造業向けに洗濯機で丸洗いもできような生地に耐久力も兼ね備えた生地を50種類以上の生地から選び抜きました。
また、ショルダーベルトを緩めるだけでアシスト機能のオンオフができるため、装着したまま通常作業ができます。

製造業(工場)の活用事例
楽衛門が骨盤をしっかりサポートするので、重たい荷物が楽に持ち上がります。
〈現場の声〉
Aさん:アシストスーツが骨盤を支えてくれることで安心感があり、ゴムのアシスト効果で荷物を持ち上げるときに20~30%楽に感じました。
Bさん:ショルダーベルトを上下に動かすだけで一瞬でアシスト機能の使用や解除ができるので簡単で便利でした。
Cさん:作業着の上から10秒で着用できるので、急いでいるときには本当に助かります。

アシストスーツの市場規模推移と予測

アシストスーツ市場規模は2015年から徐々に拡大傾向にあり、背景には製造業(工場)の現場で労働環境改善の必要性が高まっています。

本プレスリリースに関するお問い合わせ
担当者:杉村 清
Tel:070-8303-2204 Mail:info@rakuemon.jp

© 2022 アシストスーツ|楽衛門|らくえもん【公式サイト】