高齢者施設やシルバー市場の動向・課題などを浮かび上がらせ、具体的かつ豊富な情報を発信している「シルバー産業新聞」にアシストスーツ『楽衛門』が掲載されました!



高齢者施設やシルバー市場の動向・課題などを浮かび上がらせ、具体的かつ豊富な情報を発信している「シルバー産業新聞」にアシストスーツ『楽衛門』が掲載されました!- 楽衛門 Story

アシストスーツにゴムの力(特許取得)

ラクエモン(東京都渋谷区、杉村清社長)は昨年11月、同社が開発したアシストスーツ「楽衛門」の特許を取得した。

同社製品は背部~腰部に備えた超ハイパワーゴムが特徴。
介護や重い物を持ち上げる際、両肩と股間の3点を支点にゴムの戻る力を活かし、屈伸を伴う腰の曲げ伸ばしを楽にする。
昨年3月の発売以降、介護や農業、製造業などの現場で活躍しており、個人での購入も増えている。
「人間本来の自然な動作を制限することなく、簡単に脱着・使用できる設計にした。ロボットではなく作業着のような感覚で使用してもらいたい」と話す杉村社長。自身、介護現場で働いていた頃にヘルニアを発症し、手術を4回経験した。自らの経験をもとに、誰もが簡単に使えるよう従来品に比べ安さ・軽さ・簡単さを追求したという。

同製品には国内8社の技術が集結。「こだわりぬいた日本の繊維技術は極めて秀逸。日本のものづくり文化に焦点を当てた製品でもある」と杉村社長は強調する。
要となる超ハイパワーゴムには、ゴム紐製造販売80年の歴史をもつ津田産業(石川県かほく市)の、丈夫かつ厚みを抑えた織ゴムを採用。
「日本のゴム繊維は世界一の品質と耐久性を誇る。理想的なアシストスーツに活かせる技術だと思った」(同社長)
また、ショルダーベルトに用いたアド(埼玉県三郷市)の「フルクリップ」は、ベルトの長さ調整がワンタッチで簡単、短くした分のテープ余りが出ず、作業の邪魔にならない。つなぎ目パッドはイノアックコーポレーション(名古屋市)のEVAフォームで強化。一般的なポリエチレンより柔軟性とゴム弾性に優れ、屋外使用での風雨や紫外線にも劣化しにくい特徴をもつ。

抗菌・撥水加工済。洗濯機で丸洗い可。
ウエストサイズはS(65~80㎝)・M(80~95㎝)・L(95~110㎝)の3種類。
身長は150~160㎝、160~170㎝、170~180㎝の3種類で全9パターンの仕様。
税抜3万8000円。
レンタル対応可。
同社サイト(QR)より直販のみ。
問合わせは同社サイトまで。

© 2022 アシストスーツ|楽衛門|らくえもん【公式サイト】