福祉施設に賢い買い物を「フクロウ介護」にアシストスーツ「楽衞門」が掲載されました。

福祉施設

株式会社ラクエモンのアシストスーツ「楽衛門」をご紹介

株式会社ラクエモンのアシストスーツ「楽衛門」をご紹介

株式会社ラクエモンは、2020年4月に誕生したアシストスーツの企画から販売まで行う会社です。代表取締役の杉村清氏が長年の腰痛の悩みを解決しようと、会社を立ち上げました。
もともと高齢者と障がい者への介護トレーナーをしていた杉村清氏は、介護士に多い腰痛の悩みに心を痛めていたそうです。YouTubeやSNSでもアシストスーツの情報を発信されています。
株式会社ラクエモンは、日本で作られたアシストスーツにこだわりを持っています。より多くの方にアクティブに活動してほしいという株式会社ラクエモンの思いは、少子高齢化の進む日本社会の心強い味方になってくれることでしょう。

株式会社ラクエモンのアシストスーツ「楽衛門」とは

アシストスーツ 楽衛門

楽衞門公式HP:http://rakuemon.co.jp/

株式会社ラクエモンの「楽衛門」とは、腰への負担を軽減させ、動きをサポートしてくれるアシストスーツ です。介護、農業、製造業など様々な分野で利用されています。
世界に届けたい日本の商品に送られるOMOTENASHI SELECTION 2022を受賞していて、国内外から注目を集めています。

楽衛門の特徴

楽衛門は着用が気軽にできるシンプルな作りで、進化系のアシストスーツといわれています。軽く10秒で着脱できるので、忙しい介護の現場でも役立てられるでしょう。
デザインもシンプルで、男女問わず利用可能です。ハイパワーゴムが背中から腰に入っていて、腰の曲げ伸ばしをスムーズにしてくれます。
両肩と股間の3点をしっかり支えているので、まるで無重力空間にいるように上体を起こすことが可能です。腰を痛めていて重たいものを持ち上げる際に不安を感じる…という方の心強い味方になってくれます。

楽衛門を利用するメリット

楽衛門は、ゴムを伸縮させるタイプのアシストスーツです。モーターが付いているアシストスーツとは違い、洗濯ができます。清潔感を大切にしたい介護の現場において、役立てられるでしょう。
楽衛門は自分1人で着用できるので、周りに気兼ねなく利用できるでしょう。またウエストを締め付けることはないので、違和感なく使えるところも魅力的です。
さらに日本の素材と職人の技術力を結集させて作られていて、安心して使えるでしょう。価格も38,000円(税込 41,800円 )とお手頃なところも大きなメリットといえます。

まとめ

介護の現場では、腰痛に悩む人も少なくありません。しかし従来の商品は重く、自分1人では着用できないものが大半でした。
株式会社ラクエモンの楽衛門は、従来の商品にはない「安い、軽い、簡単」をテーマに作成されました。洗濯可能で水に強い点は、介護現場や農業など様々な分野で重宝するでしょう。日本製であるところも安心できます。

楽衞門公式HP
http://rakuemon.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました